バリアフリー

バリアフリーのマンションってあるの?
そもそもマンションは高齢者、障害者向きの住居といえます。
ただ個別の障害などに対応させるには自分で改装などをする必要はあります。

バブル崩壊前は、マンションというのは若い夫婦が住宅のステップアップのはじまりとして購入し、
数年住んでから、それを売却し頭金にして戸建てへと移行するという流れが意識され、マイホームの手はじめに若い人が買うもののように認知されてきました。
しかし今は、売却でステップアップというのも難しくなり、老朽化した建物の建て替えなどで問題になるケースもあります。
そう考えるとマンションはむしろ、最後の住まいとする高齢者向きではないかとさえ思います。
高齢対応という面では、バリァフリーを讃うマンションは多くあります。
実際に、各居室やお風呂などの段差をなくすという程度のバリアフリーであれば、
最近のほとんどのマンションはクリアできていると思います。エレベーターはついているし、施工上の都合から玄関の段差も少ない。
各部屋の段差もない。ワンフロアですべてが整っている(メゾネット形式は別ですが)。玄関の鍵ひとつで出掛けることができる。
立地条件のいい場所に建つことの多い中.大規模マンションであれば、買い物などの便もよいものです。
上下左右に部屋のついている形状は一戸建てより熱環境がよいといえます。
広く、気密性の悪い一戸建てのように、ヒートショック(各部屋の温度が著しく違うために心臓マヒなどを起こす事故)を心配する必要も、まずありません。
鮖歳の年金暮らしがはじまってから新築を購入した場合、大規模修繕や老朽化の建て替え問題でわずらわしい思いをすることもないでしょう。
ここで詳しい事を調べました。

最近では、セキュリティシステムと一体となった高齢者のための非常通報システムの装備されたマンションも出てきています。
マンションによっては、常駐の人による管理がなされているケースもあり、
夜中に設備の調子が悪いというと駆けつけてくれる、なんてところもあったりします。
どの程庇のバリアフリーを望むかにもよりますが、高齢者対応を望むならハード面だけでなく、
どれだけヒューマニズムなソフト対応がなされているかの比較で選択するというのも大切です。

FH047_L

WordPress Themes