ペットと暮らす

共用部分に設置されているもの

⑪フットシャワーの設置.::.散歩をすればイヌの足には土や草などがついてしまい
ます。散歩から帰ってきたら足を洗わなければマンションには入れません。その
ために足洗い場が設置されています。
②ウンチダストの設置.:.:これも散歩に付き物のお土産です。これらを持ち込んで
エレベーターに乗るわけにはいかないので、マンションに入る前に処理する設備
が必要です。足洗い場のそばに設置されています。

③リードフックの設置…:ウンチを処理するときには、ペットをどこかにつないで
おかないといけません。リードをつなぐためのフックは、マンションの主要な部
分(郵便受け、管理人室前、コミュニティスペースなど)に設置されます。
あと、ドライヤーで乾かすために設置されているスペースで、専有部分に設置されるもの(オプション)もあります。
詳細はコチラ→家 高く売る

専有部分に設置されているもの
①イヌ、ネコ用ドアの設置……通常の扉の下にペット専用の出入り口を設け、ベッ
トが住戸内を自由に行動できるようにしたものです。
②ペット対応床材の設置:…・最近マンションで使用されているフローリングは滑り
やすいので、イヌなどには足に負担がかかります。そこで硬質塩化ビニール系の
タイルなどを使用し、滑らない工夫がなされます。。
③ドッグフェンスの設置……訪ねてこられた方が玄関を開けた瞬間にイヌが飛びつ
いてくることもあります。しつけなども大切なことですが、万が一を考えて、
それを防止するために玄関に設けるフェンスというものがあります。

④脱臭器の設置.:…ペットには独自の臭いがあります。来客のなかには気にする方
もおりますので、心配な方はこれを設置するとよいでしょう。
ペットマンションでも、イヌは好きだけどネコは……という方もいますし、その逆
もあります。また、他の動物が好きな方もいますから、様々な住人、動物が住んでい
る状態になっています。「ペットマンションだから、住人はどんな動物でも好き」と
思い込むことは避けましょう。ルールをしっかり守り、人といろいろな動物が共同生
活できる、そんなマンションライフを心がけることが大切です。

FH027_L

WordPress Themes