個別の障害への対応はまだまだ

次に障害者への対応ですが、車イスに対応できるように広い廊下をもつ住戸などは
あるものの、個別の障害に対応する体制のとれているマンションはほとんどないと思
います。一戸建てでも同様ですが、障害というのは個々人によってその状態が千差万
別であり、単に廊下を広くしたり、手すりを付けたりするだけで対応できるものでは
ないからです。

自分の障害に合わせたバリアフリーな内装を希望されるのであれば、内装自由設計
のインフィルだけを提供するマンションやコーポラス形式のマンション(極めて物件
数が少ないですが)を購入するか、中古マンションを購入して、全面改修するという
Dも庁唆です。

ペットが住めるマンションはあるの?
共同生活の場であるマンションでは、ペットを飼えないことが多いです。
しかし最近はペット飼育可能なマンションも増えています。
ここで詳しい事を調べました。

通常使われているマンション管理規約では、ペット禁止の条項が記載されているも
のがほとんどなので、ペットを飼うことはできません。しかし、昨今はペットブーム
を反映して、初めから規約でペットを飼えるようにしたり、既存の管理規約を改正し
たりする例も見られます。また、ペット(イヌ、ネコ)のことを考えた施設などを備
えたペット対応マンションも登場しています。ここではペット対応マンションの設備をみてみましょう

FH034_L

WordPress Themes