自由設計の制限

『自由設計』に制限はあるの?
最近増えてきている「自由設計」「フリープラン」のマンション。
しかし、本当の意味での「自由」には程遠いようです。

最近の分譲マンションは、広告に書いていなくても仕様変更、設計変更を求める方が多いそうです。
新聞の折り込みチラシや広告にも「自由設計」を調い文句に売り込んでいるものをよく見かけます。
さて、「自由設計」に制限があるのかといいますと、もちろんのことですがあります。
制限になる要因をあげますと、⑪法的要因、②機能(設備)的要因、③経済的要因に分かれます。
私はで詳しい事を調べました。

法律の制限
一番影響を受けるのが採光です。マンションは住宅の集合体になりますので、お互
いの住戸の間には界壁が存在し、その部分からは採光がとれません。大雑把な話にな
りますが、結局採光がとれるバルコニー側と廊下側に居室がきて、採光のとれない内
部には水まわりがきてしまうのがマンションの一般的なプランの解決方法になっています。
自由にプランニングすると採光のとれない居室ができてしまいますので、ある程度の制限が出てきます。
そのほか、換気の問題もあります。

外部の視線や内部の反響が気にならない方ならば最高の空間ですが、気になる方の
なかにはノイローゼにもなる場合もありますので、ご自分のライフスタイルをよく考
えて選定してください。


しかし、この開放感が、実はプライバシーの問題と結びつきやすいということをご
存知でしょうか。空間が広いので音の反響が大きく、他の部屋まで聞こえる場合もあ
ります。また、窓がハイサイドなどで大きくなりがちで、外部からの視線が気になる
ケースもあります。

FH089_L

WordPress Themes